天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しに

私の父が十四年間乗り続けていたワゴン車を買

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しに

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しに はコメントを受け付けていません。

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しになって減点されにくいと言われています。ただ、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。また、よく手入れされた車両というのは晴天ではさらに美しく見えます。


以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々一長一短ですから、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。


車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。


たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?売るほうの気持ちの問題もありますが、車種、中古車としての状態などによっても買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。



そしたら、買取業者のほうが高かったんです。


特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。



30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でディーラーから車を購入しました。


下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。
二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる仕組みのことです。
中古車買取業者に査定依頼をして、査定額の決定がなされたとします。

本来であれば、その金額での買取をしてもらいそれで終わりですが、後に故障箇所や傷が見つかる場合もありますよね。そんな時には、決まっていたはずの査定額が変更される可能性なんかもあるのです。

車を買取の査定に出すときには、リサイクル料や自動車税の残月分がその査定価格に入っているのかを事前に確認しておきましょう。

他に留意すべき点としては、買取後の返金請求がないかどうかを確認する必要があります。
業者によっては酷い例もあり、買取金額を少しでもケチろうとして、後から減点ポイントを持ち出してきて返金を要求してくるところもあるのです。車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

でも、車を売却する際には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。
しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り還付されるようなことはありません。
そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけプラス査定してくれるケースもあるのです。この点に関しては自動カービュー会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。



査定の金額が満足できなければ、納得のできる査定の値段を出してくれる買い取りディーラーに出会えるまで出向いて貰って、査定をお願いできます。しかし、長い間、何回も、査定ばかり繰り返していると、その間に中古車の相場が低下してしまって、損をしてしまうこともあります。



ネットで、おおよその相場を知っておき、いいところで売却を検討するのが偉い選択かもしれません。
雪が降った際、車が滑り、前部を電柱に衝突させてしまいました。
どうにかエンジンには損傷がなかったのですが、そのような状態でも事故車扱いに変わってしまうでしょう。
車のバンパーだけでなく、前部のフレーム修理を行う必要が生じたため、多額の修理費が掛かってしまいます。不幸にして事故を起こした車であっても査定を受けることは可能ですが、査定金額はまず低くなってしまいます。しかし、事故にあったことを隠しても査定する人には隠しきれないので、マイナスになってしまいます。
もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いするといいと思います。
こちらの方がより良い査定額を提示してくれることも少なくありません。いままで乗っていた車を売るために複数の会社に一括して査定を申し込めるサイトなどを利用した場合、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。



現実的な対策としては、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところの利用がお勧めです。営業マンにもよるのですが、顧客の都合や時間帯も考えずに連絡を繰り返してくることもあるようです。メールでの連絡に限定すれば、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。
車の査定を受けることが決まったら、傷やへこみをどうしようか迷う人も多いようです。これは傷の大きさによります。


小さくて自分で直せそうなら、直しておくにこしたことはありませんが、お金をかけて修理に出すことはありません。


なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされても修理代金の方が大きくなってしまうからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままでプロの査定を受けてしまうのが良いです。

About the author:

Back to Top