車種によって人気色は違います。例えばトラックは今も昔もホワイ

車を買い替えられたらいいなと考えています。今の車は輸入

車種によって人気色は違います。例えばトラックは今も昔もホワイ

車種によって人気色は違います。例えばトラックは今も昔もホワイ はコメントを受け付けていません。

車種によって人気色は違います。


例えばトラックは今も昔もホワイトが人気なのですが、トラック以外で言えば査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。売り上げの高い色、イコール、需要の高い無難な定番色がカーセンサーにおいても査定額に有利に働くという事ですね。

他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でもソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。車査定の際、洗車を済ませておいた方がいいのかどうか、というのはこれは実は、洗っておくべきという人と、洗わないでおいた方がいい、という人がいます。普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにする方が良さそうなものですが、汚れをきれいに落としてしまうと、表面にある細かいキズがとても目立ってきます。



とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。洗車していようがしていまいがキズを見落としたりする訳がありません。
ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。



年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。
したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

売却を漠然と考えているのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。逆に決算終了後の4月には査定額が低調ですので避けた方が無難です。


ディーラーへ中古車の下取りをしてもらう際には色々と書類等が必要になるのですが、その中の一つが自動車納税証明書です。



万が一、納税証明書を紛失した場合には、再発行を税事務所などでしてもらう必要があります。自動車に関連した書類は、失くすことがないように日頃からしっかり保管をしておくことが大事です。高い値段で中古車売買するコツは、たった一軒だけの査定で終わらせないで複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。


ほかの業者が提示した査定額を見せることで査定金額が変化することがたくさんあります。いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには中古車の無料一括査定サイトを使うとベターですが、このときに妙に高く見積もってくるところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから注意するに越したことはないでしょう。
自分が所持している車にこれでは売却したくないと考える査定金額を算出して示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。中古車の査定をしたからといって、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。
嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。
査定業者へ中古車を売った時には、自賠責保険の、還付金を受けとれるのです。

どういうときに受け取れるかというと、自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上あるなら、還付されるのです。車の永久抹消登録をする場合など、入っている自賠責保険会社より返金してもらえます。
車を手放そうと考えているときは、忘れずに還付金を受け取るようにしてください。


車の中がきれいに掃除してあったり、あらかじめ洗車しておいたところで、見積額がプラスになることはありません。


持ち主が行う程度の清掃であれば、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。



ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。



汚いままでは業者も不愉快でしょうし、逆に清潔でキレイにしてあれば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。


査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。


先日、長年乗っていた愛車をついに売りました。売りに行ったときに取引してくれる中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや取引の手続きに関する書類などの親切な説明を受けました。

大切にしてきた愛車だったので、次も大事にしてくれる方に売れればいいなと思い、しっかりと真剣に話を聞きました。


車の定義は大切な資産の1つなので、いらないと思った時には綿密な準備をする必要性があります。特に、業者に売り渡すことを決めた場合、金額などの交渉が必要です。失敗したと思わないためには、じっくりと考えることが必要なのです。

About the author:

Back to Top